ロボットとコンテンツを組み合わせて、新しいサービスを提案

人とテクノロジーの新しい関係を切りひらく。

NEWS

Service

サービス

ロボットとコンテンツを掛け合わせることで、いままでにない面白いサービスづくりに挑戦します。めざしているのは、誰にもやさしく、毎日が楽しくなるようなサービスを作りづづけることです。

movie
サービス例

旅するロボット「TABBY

アバター型肩のりロボットとキャラクタによる、
旅体験の共有。それが、旅するロボット
TABBYです。
すべての人が、行きたいところに、仲間と共に、
旅に出かけられる仕組みを提供します。

ほかにも、
まだ言えないあんなこと、こんなこと。
さまざまな企画が進行しています。
最新情報は、
FaceBookやTwitterでも情報発信していますので、
ぜひ、チェックしてください。

facebook
twitter

Contents+×Robot

コンテンツ+×ロボット

私たちの特長は、コンテンツクリエイタとロボットクリエイタがそれぞれの強みを生かしてサービスを開発するところです。 コンテンツの力と、ロボットの力を使って、どちらか一方だけではできなかったことを実現します。

+

コンテンツ +X ロボット
X
データベースで、
さまざまな分野で
体験共有型の遠隔サービスや
自動化サービスを提供します。

contents+xrobot

「こんなことできないかな?」
「お店をもっとワクワクさせられないかな?」
どんな相談でもOKです。
お客さんを驚かせるようなサービスを、私たちと一緒に作りませんか?

wonderful world

ワクワクする暮らし

例えば、BB-8が暮らしの中に普通に溶け込んだ世界って、ワクワクしませんか?家に帰ったらドラえもんがいる暮らしって、憧れませんか?先端技術を私たちにとってやさしく実現することで、そんな世界を作りたいと真剣に思っています。

wonderful

業種、分野を問わず、
私たちと一緒にサービス開発し、
一緒にサービス提供できる企業様を募集しています。
一緒にワクワクする世界を作りませんか?

Collaboration

コラボレーション

コンテンツクリエイタ×ロボットクリエイタによるタスカケルの真骨頂! さまざまなクリエイタのコラボレーションが実現しています。

collabo

たびねずみ「TABBY」

ピカチュウのイラストで知られるにしだあつこ氏とコラボレーション! はりねずみをモチーフに、なんともかわいいキャラクタができました。一緒に連れて歩きたくなりますよね。 ちなみに、帽子についている花は、クレマチスです。花言葉は、旅人の幸せです。サービスにあわせた、にしだあつこさんの細かな演出が、にくい♪
collabo
collabo

ダム・キーパー(The Dam Keeper)

「ダム・キーパー」は、2014年ベルリン国際映画祭で公式上映され、世界中の国際映画祭で20以上もの賞を受賞し、2015年米国アカデミー賞短編アニメーション部門のノミネート作品です。いじめ問題、環境問題もテーマに「光と色彩の演出」で感動的に描かれた作品です。 ブタくんは、アンサング・ヒーロー(unsung hero)です。 誰にも評価されず、みんなのために頑張っている。彼はひどい仕打ちにあっても、みんなのために頑張り続けることを選んだ。 そのキャラクタとロボットのコラボが実現!
collabo

キャラクタと組み合わせたサービス開発も承っています。
気軽にお問い合わせください。

Join us!

やりたいことはいっぱいあるのに、できることには限りがある。というわけで、一緒に“ワクワク“を作っていける仲間を探しています。

タスカケルTeam Menberタスカケル

ハード・ソフトにかかわらず、
一緒にワクワクを作ってくれる
エンジニアを募集しています!

タスカケルCheerタスカケル

ワクワクする社会の実現に向けて
一緒に取り組んでくれる方を求めています。
ぜひ、Facebookやtwitterなどでつながり、
情報共有していきましょう!

気軽にお問い合わせください。

About US

コンテンツ・クリエイタとロボット・クリエイタが出会い、「コンテンツの力で、人とロボットの未来の関係を作ろう!」と夢がふくらみ、『タスカケル』は生まれました。『タスカケル』とは、人々のQoLに対して文字通り「足す」「掛ける」したいという想いと「力をもって人をタスケル」という想いが社名に込められています。

社名 株式会社タスカケル / Tasukakeru Inc.
所在地 〒135-0064
東京都江東区青海二丁目5番10号 テレコムセンタービル東棟14階
14F, East Wing, Telecom Center Bldg, 2-5-10, Aomi, Koto-ku, Tokyo, Japan, 135-0064

役員 代表取締役 瀬川 寿幸
取締役
平井 武史
松村 礼央
足立 靖
鈴木 英樹
設立 2015年3月9日
電話 090-1102-7976
所属団体 i-RooBO Network Forum (http://iroobo.jp)

MEMBER


  • 瀬川 寿幸

  • 平井 武史

  • 松村 礼央

  • 足立 靖

  • 鈴木 英樹

  • 宮下 敬宏

ADVISER


  • 伊藤 一彦

  • 中井 秀範

瀬川 寿幸

株式会社タスカケル 代表取締役社長
株式会社国際電気通信基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所 客員研究技術員
http://www.irc.atr.jp
公益財団法人大阪市都市型産業振興センター イノベーション推進部 部長(業務委嘱契約)
http://www.innovation-osaka.jp/ja/
http://www.osaka-toprunner.jp

代表のコメント

世界の中の日本人として、今できることで、社会に最大の貢献をするにはどうしたら良いのか。
これまでのベンチャー企業での経験や現在も勤務する大阪市都市型産業振興センターでの起業・新規事業開発支援のノウハウをさらに広く役立てる方法はないのか。そのチャレンジとして、タスカケルを起業しました。
事業は、新たな価値を創造し、多くの人に感謝し、感謝されることで広がっていきます。人と技術が調和し快適な生活につながるアイデアをプラスし、感謝の心を広げていくことがタスカケルのミッションです。

平井 武史

ネイロ株式会社 代表取締役社長

1971年、兵庫県生まれ。
元株式会社セガ 開発技術部長、ギネス世界記録認定の世界最大規模ゲーム「シェンムー」のメインプログラマー。ファミ通にてプラチナ認定タイトルを3つ獲得。ディレクターを務めた「メテオス」ではパズルゲーム史上最高スコア獲得、Metacriticでも88のハイスコアを誇る。 9th 2004-2005 CESA GAME AWARDS 優秀賞受賞。世界トップクラスの技術レベルで、国内外のミドルウェア実装、インテグレーション、コンサルティング経験も多数。
2010年9月、世界で通用する次世代のエンタテインメントの創造を目標に東京都中野区にてネイロ株式会社設立。
趣味は水中写真。
2012年に発売された『orgarhythm(オルガリズム)』は文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出された。



松村 礼央

博士(工学)。

karakuri products 代表。
東京大学 先端研 特任研究員。

在学中は人型ロボットの開発・製造に従事、代表作は「robovie-mR2」。
2012年にBLEを活用したツールキット「konashi」の企画、開発に従事。2013年に独立しkarakuri productsを設立。
現在はセンサ・ネットワークから得た活動文脈を活用したインフラについて研究し、その成果展開を行っている。

近著に「iOSxBLE CoreBluetoothプログラミング」(ソシム㈱)がある。


足立 靖

株式会社エンジンズ 取締役
株式会社フライパンズ 代表取締役
大阪デジタツコンテンツビジネス創出協議会 他地域連携部会長
沖縄ゲーム産業振興ネットワーク 副理事長

ゲーム・エンターテイメントとIT やハードウェアを繋げ、新たな価値創出に取り組むビジネスプロデューサー。
多くの業務用ゲームソフト、家庭用ゲームソフトの開発においてプロデューサー、ディレクター、プランナーとして携わり、各種受賞歴多数。
オリジナル原作の アニメーション・ゲームプロジェクトを、“日本人は原作すべし”をモットーに日々まい進。
代表作「サムライスピリッツ・シリーズ」「星のカービィシリーズ」
「親子で楽しむ食育ベジスタ」「ONE SAMURAI」等多数。

鈴木 英樹

1969 年生まれ。
関西大学卒。

インテリア商社、経営コンサルティング会社 を経て、2002 年大阪市都市型振興センター入社、創業支援・経営支援事業の立ち上げ・ 運営に係わる。
2006 年テクノロジーシードインキュベーション(TSI)株式会社入社、同 年4月よりJAIC シードキャピタル株式会社に出向、大阪デジタルコンテンツファンドの組成 及び投資運用を担。
2008 年東京コンテンツインキュベーションセンター立ち上げ、運営統括。
2009 年 TSI 取締役就任。2011 年沖縄文化等コンテンツファンド組成、 投資運用責任者。
2014 年京都クロスメディア・クリエイティブセンター立ち上げ、運営統括。 2015 年大阪デザイン振興プラザ所長。


宮下 敬宏

株式会社国際電気通信基礎研究所 社会メディア総合研究所 知能ロボティクス研究所
社会実装プロジェクト プロジェクトリーダー
ネットワークロボット研究室室長 工学博士
大阪イノベーションハブ スーパープロデューサー
株式会社ATRCreative 取締役部長
ATRの持つ技術を活用した新規事業開発を担当、大阪イノベーションハブのスーパープロデューサーとして多くのIoT、ロボット関連企業へのアクセラレーションを行う。 センサーネットワークからロボット開発まで幅広い知識と技術で、ベンチャー企業の技術開発支援や大手企業とのアライアンスを手がけている。
1995 年大阪大学大学院基礎工学研究科物理系制御工学分野博士前期課程修了。
2000 年同大学院工学研究科電子制御機械工学専攻博士後期課程単位取得退学。博士(工学)。
1998 年より日本学術振興会特別研究員、ERATO 北野共生システムプロジェクト研究員、和歌山大学システム工学部助手、ATR 知能ロボティクス研究所研究員を経て、2007年7 月より同研究所室長。2011年から社会メディア総合研究所研究企画部長を兼任。現在に至る。
全身触覚を持つロボット、ネットワークロボット、環境知能、の研究に従事。
日本ロボット学会、人工知能学会、各会員。

伊藤 一彦

BCCホールディングス株式会社 代表取締役
関連会社:営業創造株式会社、スマイル・プラス株式会社
ひらめき財団理事
1974年、大阪府生まれ。大阪市立大学理学部卒業。日本電気株式会社(NEC)入社。2001年、マーケティング系ベンチャー企業に転職。2002年、営業創造株式会社(BCC)設立、代表取締役就任。IT営業アウトソーシング企業として、大手IT企業からも高い信頼を得る。中小企業診断士を取得し、バランス・スコアカード導入による理論的経営を提唱・実践している。2012年、スマイル・プラス社をグループに迎え、介護フィールドに無料レクリエーション素材コンテンツを提供サポートする「介護レク広場」を開設。介護ロボットやIT、センサーを使った新しい介護分野に取り組んでいる。2014年、一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会を設立、営業創造株式会社が経済産業省の平成25年度“多様な「人活」支援サービス創出事業“を受託、新資格「レクリエーション介護士」を誕生させ同協会にて普及と認定を行う。
大阪イノベーションハブ「もの×アプリハッカソン」第3回目(2015年1月)審査員・メンター
「i-RooBO Network Forum」幹事
著書:「新版 小さな会社にも活用できる!バランス・スコアカードの創り方3」(共著・同友館)
「ベンチャーキャピタルからの資金調達」(共著・中央経済社)

中井 秀範

吉本興業入社後、桂三枝(現・六代目桂文枝)、明石家さんま、ダウンタウンらのマネジャを歴任、平行して心斎橋筋2丁目劇場創設、吉本新喜劇プロジェクト等にも携わり、よしもとファンダンゴ(旧ファンダンゴ)代表取締役社長、吉本音楽出版代表取締役社長などを歴任。

他にも、CSチャンネル『ヨシモトファンダンゴTV』『KawaiianTV』など吉本興業のブロードバンド・コンテンツ配信事業を手がけた。

2015年6月吉本興業を退社。

一般社団法人 日本音楽事業者協会 専務理事。

Contact

お問い合わせ

TEL:090-1102-7976
MAILinfo@tasukakeru.co.jp


TOPへ